ダイエットを成功させる秘訣!注目の酵素はどんな効果があるのか?《pois et plumes》

食材は全て人間にとって命

 

私たちは毎日、様々な食べ物を口にしていますよね。

 

肉や魚、お野菜・・・

 

それらの食材は体の糧になります。

 

食材を食べなくなってしまったら、人間は生きて行くことができませんからね。けれど、頭の中ではわかっていても、この食べるという作業があまりにも当たり前になって入るために、食べ物に対するありがたみを忘れてしまっているのがありますよね。仕事が忙しいとき、あるいは時間のなさを言い訳に、お腹を満たすことだけが目的にした、食事とは言い難い揚げ物をとってしまった経験は、皆様にも経験はおありでしょう。

 

そうです、私たち人間はまず食べるという行為そのものの大切さを、もう一度見直すことから始めるべきです。食べる事は命をいただくことです。肉も魚も野菜もフルーツも。。。食材は全て人間にとって命なのです。

 

それらの食材は口にする少し前までは、私たち人間と同じで生き物だったんですよね。肉や魚は動物を形作る筋肉だったし、野菜は植物の葉っぱであり花であり、実でした。そしてそれを人間の体の中に入れて、今度は私たちの血と肉となるのです。そんなふうにイメージをしてみるときに、体に食材たちがもたらしてくれる大いなる力は以前よりも強く感じられるはずだし、食べることをおろそかにしてはならないという、あなたの心は素直に理解するのではないでしょうか。

 

体は、全て過去に食べたものから作られているのです。そして未来への体は、目前にある食材にかかっているのです。このことを常に知っておいてほしいと思います。

 

私が大好きなお魚には、もちろん酵素が含まれていますので、日ごろから積極的に食べたい食材です。刺身でよく食べることが多いのですが、昔はいつも、刺身醤油とわさびのセットで食べていました。ですがいつもそればかりだと、ちょっと飽きてくるので、私自身は考えたオリジナルソースの作り方をご紹介したいと思います。とっても美味しくお刺身を食べることができるので、これはかなりオススメですよ!

 

和風納豆ドレッシング
美味しい焼き海苔を用意します。それにアルファルファなどのスクラウトをのせて、納豆ドレッシングをかけると海苔巻き風のローフードレシピになるんですよ。これがとってもおいしいです!酢・醤油・塩・からし・オリーブオイル

 

中華風ソース
カイワレ大根とレタス、にんじんと青じそ、そしてネギとコリアンダーなどの野菜を組み合わせて中華風の刺身風になります。このソースはハマチなどの生魚にとっても合いますよ!醤油・ごま油・だし汁・レモン汁・塩と胡椒

 

エスニックソース
スモークした肉や魚は半生。酵素が残っているので体にとてもいいです。このソースはホタテ貝などのスモークにかけると、エスニックな味わいはさらに増してとってもおいしいですよ!ナンプラー・おろしにんにく・レモン汁・はちみつ

私は以前、毎日暇さえあれば果物ばかり触れていたり食べていることがありました。グレープフルーツを切ったり、みかんの皮をむいたり、キュウイを食べたり、イチゴでケーキを作ったりと、いろいろやっていました。そんな作業を延々と繰り返していましたが、すべて終わったとき自分の手を見てすごく驚きました!指先の皮がめくれて指紋までもがなくなっていたのです。これには愕然でした〜なんたって指がヌルヌルの状態だったんですよ。。。

 

これは、果物そのものの食物酵素が及ぼした作用だったのです。頭では下ものがどれほど酵素に満ち溢れているのかをわかっていましたが、実際に自分の手でそれを体験して、そのパワーを改めて思い知らされたのです。人間の体の中にある消化酵素もきっと、私が思う以上に、毎日消化のためにエネルギーを費やしているのでしょうね。食べ物は体の中で自然にエネルギーになっているのではありません。人間の目には見えなくて分かりませんが、消化酵素たちがしっかりと働いてくれているのです。消化に必要なエネルギーを、カロリーの面から説明すると、タンパク質なら食べ物自体が持つカロリーの3割は消化のために使わなければなりませんし、ご飯を食べた後に体が温かくなるのもこのためです。消化酵素が一生懸命エネルギーを使い、働いてくれているからなんですよ!

この記事では、ローフードについてお話しします。

 

みなさんはローフードという言葉聞いたことがありますか?ローフードとは英語ではRAWFOODで、直訳すると《生の食べ物》です。なぜ今、私が生の食べ物に注目しているのかというと、それは生の食べ物に生き物としての力が多く宿っているからです。

 

このカラクリはちょっと想像してみれば誰でも簡単に解けますよ^^

 

例えばレタスですが、とれたてのシャキシャキした葉っぱの方が、時間が経ってからのシナシナしたレタスよりも、ずっと美味しくて栄養がありそうでしょう?
キャベツもそうですよね、新鮮で採れたてのキャベツの方が、キャベツにつやがあってハリがあって、食べてみるとシャキシャキして甘くて美味しいですよね。ある意味人間の肌も同じような感じですよね。人間も同じように年齢を重ねてくると悲しいことに、肌にツヤ・ハリ・弾力が失われていきますよね。やっぱり歳をとっても、いつまでも綺麗な肌でいたいですよね〜

 

ちょっと話はそれましたが、ローフードの基本は、このようなイメージと全く同じです。できるだけ生きていたときに近い状態の食材を食べることで、それに含まれている栄養成分を最大限に生かそうという、最新の栄養学から生まれた食事方法なのです!